chapup

【使用者が比較】チャップアップとイクオスを使った@どっちがおすすめ?

育毛剤と言えば、以前から安定した人気を誇るチャップアップ、そして、最近のリニューアルで一気に注目を集めているイクオス、この2つがライバルと言われていますね。

育毛剤を購入するなら、人気はもちろんですが、本当に効果のある商品を買いたいですよね。

そこで今回は、チャップアップとイクオスを、配合成分の数や内容、配合量、価格も含めて徹底比較して見ます。

ぜひ、育毛剤を購入するときの参考にしてください。

育毛ローションの成分数はチャップアップが多い!

まずは、育毛ローションに配合されている成分数ですが、これはチャップアップの方が多くなっています。

このように、育毛剤を比較するときは、成分の数で比較することが多いですが、そもそもなぜ、数にこだわるのでしょうか?

成分数が多いとさまざまな原因に対応できる

薄毛の原因は1つではなく、遺伝による体質、生活習慣、病気など数多くの原因が絡まり合って発生します。

薄毛を改善するには、その1つ1つの原因を解決していかなければなりません。

そのため、作用の違うさまざま成分を数多く配合し、それぞれの原因に対応できるようにしているのです。

薄毛の原因には、次のようなものがあります。

薄毛の原因①DHTが増加する

AGA(男性型脱毛症)は、男性ホルモンのテストステロンが、5αリダクターゼという酵素によりDHT(ジヒドロテストステロン)に変換されることが原因で起こります。

頭皮でDHTが増えると、脱毛因子が生成され脱毛が促進されるのです。

これは、遺伝による影響が大きくなります。

薄毛の原因②頭皮の血流が悪い

また、頭皮の血流が悪いと、毛根に栄養が行き届かず、髪の毛の成長が阻害されたり、土台である頭皮も脆弱になり抜け毛が増えることになります。

血流の悪化は、動脈硬化など生活習慣病やストレス過多により、血管が細く、硬くなってしまうことが主な原因です。

薄毛の原因③頭皮の環境が悪い

頭皮に皮脂が多かったり、反対に頭皮が乾燥していると、頭皮のかゆみや毛穴の詰まり、さらに炎症を起こしやすく、髪の毛の育つ環境が悪化し、成長不足や抜け毛につながります。

これらは、間違ったヘアケアや紫外線刺激、食生活の乱れなどが原因と言えます。

このように、薄毛の原因はさまざまで、改善するにはすべての原因に対応する必要があります。

そのため、 より多くの成分を配合し、より多様な原因に対応できる育毛剤が優れた育毛剤だと言われるのです。

イクオスは主力成分をリニューアル!

イクオスに配合されている育毛ケア成分は、合計61種類。

チャップアップの73種類に比べると若干少ないですが、イクオスはリニューアルで、なんと主力成分「M-034(海藻エキス)」の改良版を開発し、配合しているのです。

「M-034(海藻エキス)」は、厚生労働省で医薬品成分として認可されている「ミノキシジル」と類似した働きをすると言われ、多くの育毛剤に配合されている育毛ケア成分です。

M-034は、毛根の働きを活性化させ、髪の毛の成長期間を延ばし短期脱毛を防ぐとともに、髪の毛に栄養を与え、太い髪の毛の育成に貢献します。

M-034は、もともとイクオスに配合されていましたが、リニューアルに合わせM-034を改良し、新成分「Algas-2」の開発に成功したのです。

新成分Algas-2とは?

Algas-2は、育毛効果が期待できるM-034に、さらに「ペルべチアカナリクラタエキス」という海藻エキスを加えて作られた成分です。

ペルべチアカナリクラタエキスは、環境の厳しい地域に育つ海藻から抽出されるエキスで、高い保水力を誇ります。

Algas-2は、M-034の作用をパワーアップさせた成分で、より育毛を促す効果が期待できるのです。

もう1つの海藻エキスでトリプルパワー!

さらにイクオスは、もう1つの海藻エキス「スサビノリエキス」も新たに配合しました。

スサビノリエキスは、吸水力・保水力に優れ、その力はヒアルロン酸と同等と言われています。

「M-034」「ペルべチアカナリクラタエキス」「スサビノリエキス」。

イクオスはこの3つの海藻エキスのトリプルパワーを搭載し、髪の毛の成長を促す作用を高め、強い髪の毛を作る育毛剤として新生したのです。

チャップアップは73種類の成分を配合!

チャップアップの成分数は、今まで公表されておらず比較が難しかったのですが、最近になり公式サイトで公表されました。

その数、なんと73種類!

イクオスより、成分数では勝っています。

ライバルであるイクオスがリニューアルし61種類と公表したので、それより多いことをアピールするためかもしれません。

成分アピール力が今イチのチャップアップ

チャップアップにも、もちろん「M-034」は配合されていますが、イクオスほど海藻エキスを推してはいません。

チャップアップは、「センブリエキス」「グリチルリチン酸ジカリウム」「塩酸ジフェンヒドラミン」、この3つを育毛有効成分としています。

これらの成分は、血行を促す、頭皮の炎症を抑える、頭皮の清潔を保つなど、頭皮環境の改善を図るもので、髪の毛自体の成長を促す成分ではありません。

もちろん育毛には、血行を促し頭皮環境を整えることが重要です。

しかし、髪の毛の成長を促し、髪の毛を太くする働きのある海藻エキスを3種も配合し、それを前面に出しているイクオスと比べると、少しインパクトが弱くなってしまいます。

それでもチャップアップは、成分数ではイクオスより勝っており、多方面からの育毛ケアや、相乗効果も期待できるため、その点ではチャップアップの方が優位と言えます。

サプリの成分数はイクオス46種>チャップアップ37種

チャップアップとイクオスは、両方とも育毛サプリメントを販売しています。

そこで、サプリメントの成分数も比較してしょう。

  • チャップアップ:37種類
  • イクオス:46種類

サプリメントでは、イクオスの方の成分数の方が多くなっています。

イクオスは配合量も表示している

イクオスから販売されているサプリの商品名は「イクオスサプリEX」。

配合されている成分の数は46種類で、数ある育毛サプリの中でもトップを誇ります。

イクオスの主な配合成分

イクオスには、育毛サプリには必須の3大成分である、

  • ノコギリヤシ:DHTの生成を抑える
  • 亜鉛:髪の毛を構成するケラチンの生成時に必要なミネラル
  • アミノ酸(ミレットエキス):ケラチンの材料になる

これらがしっかり配合されています。

ほかにも、

  • 大豆抽出物:ホルモンバランスを整える作用のあるイソフラボンを含む
  • イチョウ葉エキス:活性酸素を抑え、毛母細胞の老化を防ぐ
  • フィッシュコラーゲンペプチド:髪の毛にハリをあたえる
  • ヒハツエキス:血管を拡げ頭皮の血行を促す

などが含まれ、体の中から有効な成分を送り込み、育毛をしっかりサポートしてくれます。

ノコギリヤシの配合量

イクオスサプリEXには、ノコギリヤシが1日分で300mg配合されています。

アメリカの生物工学情報センターのデータによると、臨床試験でノコギリヤシを1日320mg、2年間摂取したところ、AGA(男性型脱毛症)の38%に改善が見られた、という報告があります。
参考元:https://www.ncbi.nlm.nih.gov

イクオスサプリEXに含まれるノコギリヤシの量は、この試験の時の摂取量と同等です。

そのため、約38%の割合でAGAの改善が期待できることになります。

ほかの成分についても、

  • ミレットエキス 150mg
  • 亜鉛 12mg
  • 大豆抽出物  100mg
  • イチョウ葉エキス 10mg
  • ヒハツエキス 5mg

というように、しっかり配合量を表示しています。

そのため、どの程度の効果が期待できるかがわかり信頼性がありますね。

また、安全性においても高く評価され、2年連続のモンドコレクション金賞を獲得したこともある実力のある育毛サプリなのです。

チャップアップは配合量の表示なし

チャップアップサプリは、少しずつ手を加えながら成分数を増やし、現在は37種類の成分が配合されています。

新たに加えた成分

新たにビタミンB2、B6、葉酸、ビタミンEなどを配合し、髪の毛の成長を促す作用や、血行促進作用による育毛効果に期待ができます。

チャップアップサプリにももちろん、育毛サプリでは外せないノコギリヤシ、亜鉛、イチョウ葉エキスなどが配合されており、まずまずの育毛効果は望めそうです。

ノコギリヤシの配合量がない!

ところが、1つ問題があります。

チャップアップサプリは、成分数は公表していますが、成分の配合量が表示されていないのです。

特に重要なのはノコギリヤシで、1日320mgが推奨量とされており、前述のアメリカ生物工学情報センターのデータでも、1日320mgで臨床試験をしています。

イクオスは300mgと表示されていますが、チャップアップには表示がないため、どのくらい摂取しているのか、本当に効果が出るのか、不安になります。

ノコギリヤシは安全性が高く、重篤な副作用もほとんどないため、アメリカでは600~800mg配合したサプリメントも販売されています。

しかし、飲み過ぎによる胃痛や下痢など、消化器症状の報告もあるため、摂取量には注意が必要です。

効果の面、副作用の面からも、摂取量は把握しておきたいところですが、チャップアップにはその配慮がありません。

今後、ぜひ改善を望みたいですね。

イクオスサプリEXとチャップアップサプリの成分比較表

イクオスサプリEX チャップアップサプリ
成分数 46種類 37種類
ノコギリヤシ 300mg 〇(配合量不明)
亜鉛 12mg 〇(配合量不明)
ミレットエキス 150mg ×
大豆抽出物 100mg 〇(配合量不明)
コラーゲンペプチド 100mg 〇(配合量不明)
イチョウ葉エキス 10mg 〇(配合量不明)
ヒハツエキス 5mg ×
フィーバーフューエキス × 〇(配合量不明)

気になる価格対決、セットならイクオスが強い!

育毛剤を実際に使うとなると、いちばん気になるのは価格でしょう。

育毛剤は3~6ヶ月は続ける必要がある

どんな育毛剤でも、効果が出るまでは最低限3~6ヶ月は使う必要があります。

それは、髪の毛にはヘアサイクルがあり、新しい髪の毛が作られるためには、3ヶ月以上かかるためです。

AGA専門クリニックで、プロペシアやミノキシジルなど医薬品を使い治療をする際も、効果発現までは最短でも3ヶ月、一般的には6ヶ月は継続する必要があるとされています。
参考元:https://www.menshealth-tokyo.com

医薬品でも医薬部外品でも、短期勝負ではなく、じっくりと長期にわたり使い続け、効果が出るのを待つ必要があるのです。

医薬部外品であるチャップアップ、イクオス、どちらも最低でも3ヶ月は使わないと良し悪しがわからないということになります。

どちらの育毛剤も定期購入コースがある

そのため、どちらの育毛剤も、単品でその都度購入するよりお得な、定期コースが設定されています。

そして、どちらも返金保証制度が充実しています。

定期コースで購入しても「何回以上買わなければ解約できない」という条件がない上に、1回きりの購入でも合わなければ解約、そして初回分の商品代金は返金ができます。

「合わなくても何か月間は使い続けなければ」というプレッシャーなく、とりあえず試してみることもできるので、これはうれしい制度ですよね。

それでは、チャップアップとイクオスの価格を、単品コース、定期コースにわけて確認していきましょう。

チャップアップ イクオス
定期購入
(1回分)
育毛剤のみ 7,400円(税込)※送料無料 6,458円(税込)※送料無料
サプリのみ 4,980円(税込)※送料無料 4,730円(税込)※送料無料
育毛剤
+サプリ
9,090円(税込)※送料無料 7,538円(税込)※送料無料
単品購入 育毛剤のみ 7,400円(税込)+送料660円 9,698円(税込)+送料630円
サプリのみ 5,960円(税込)+送料660円 7,538円(税込)+送料630円

育毛剤もサプリも、単品で購入する場合は、チャップアップの方が安く設定されています。

一方で定期コースになると、すべての買い方においてイクオスの方が、かなりお得に購入でき、特に「育毛剤+サプリ」セットでは、その差が約1,500円にもなります。

育毛剤の成分や、サプリの成分、配合数を比較すると、イクオスの方が効果面でも期待ができ、さらに、成分配合量を公表していることで信頼と安全面でも高く評価できます。

そしてコストパフォーマンスまで総合的みると、イクオスの方が優れていると言わざるを得ませんね。

ブブカゼロにも注目!リニューアルで成分数はトップに!

チャップアップとイクオスを徹底比較してきましたが、育毛剤ブブカゼロもリニューアルして話題になっています。

ブブカゼロは成分数を104種類にしてイクオスに対抗

ブブカゼロは、リニューアルで成分数を、なんと104種類まで増やしてきました!

成分内容を見ると、イクオスに含まれる成分は、すべて配合されています。

そして、主力成分のM-034ですが、イクオスはAlgas-2として改良版を開発しましたが、ブブカゼロでは、配合量を今までの10倍に増量することで対抗してきました。

成分数から見ると、育毛効果はかなり見込めるはずです。

ブブカサプリはノコギリヤシの配合がない!

ブブカは、育毛サプリもリニューアルしています。

しかし、驚くことにノコギリヤシが配合成分から外れたのです。

代わりの主要成分として配合されたのは、エンザイムという成分。

エンザイムには、亜鉛やアミノ酸など、ケラチンを作るために重要な成分が含まれています。

しかし、今までは成分配合量が表示されていましたが、リニューアル後はエンザイムを始めとする主要成分の配合量は非公開になってしまいました。

イクオスの企業努力とは、反対の道を行っているようです。

ブブカゼロは定期コースでのお得感が弱い

そして、ブブカゼロの価格ですが、この育毛剤は単品での購入はできないようで、必ず育毛剤+サプリのセットになっています。

はっきり言って、ブブカサプリは成分からしてあまり期待できないのに、必ずセットで購入というのは、消費者としてはデメリットに映ります。

さらに、定期コースのセット価格は、初回は5,980円(税込・送料込み)ですが、2回目からは11,640円になります。

育毛剤の成分量が最多と言っても、サプリの改悪、価格設定の魅力のなさなど、ブブカゼロは積極的におすすめできない育毛剤です。

チャップアップとイクオス、両方を実際使った結果は?

さて、ここまでチャップアップとイクオスの成分、成分数、配合量などを比較してみました。

いろいろ言っても、本当に効果が出るかどうかは、実際使ってみないとわかりません。

実は、私はチャップアップを使った後に、イクオスを使っているんです。

あくまでも私の個人的な感想ですが、どちらが良いかと正直に言いますと「イクオス」ですね。

イクオスは抜け毛を減らす効果が高かった

私は、とにかく抜け毛に悩んでいたので、まずは抜け毛を減らしたかったんです。

初めに使ったチャップアップも、もちろんある程度の効果は実感できました。

しかし、イクオスはそれ以上に抜け毛に対する効果が抜群でした。

イクオスサプリEXも併用したので、体の外側と内側からアプローチでき、より効果が実感できたのだと思います。

チャップアップサプリも使いましたが、配合量もはっきりしないし、効果があるのかないのか…

はっきり言うと、チャップアップではあまり効果が実感できなかったわけです。

私はイクオスで効果がしっかり実感でき、さらにイクオスはコストパフォーマンスも優秀なので、 これからはイクオス1本で育毛ケアをしていくつもりです!

チャップアップとイクオスの口コミは?

私の感想だけでは判断材料としては弱いので、口コミでの評判も確認してみましょう。

最近の口コミでは、チャップアップの評価が全体的に下がっている印象です。

チャップアップサプリって、ノコギリヤシとか、ほかにも育毛に有効な成分が配合されてるけど、配合量が書いてないんだよね。

なんで?とふつう思うよね。

だったら、配合量が表示されてるイクオスとか、ブブカとかにしようかなってなるし、実際イクオスの方が成分量も多いし、安いんだから、決まりだね。

現状の育毛サプリでいちばんおすすめは、イクオスサプリEXでしょう。

チャップアップサプリとか、ぐんぐんなんかは、成分配合量が非公表だから、選択肢にも入らないね。

ボストンもあるけど、成分数とか配合量で見ると、やっぱりイクオスだね。

口コミでも、チャップアップサプリに対する不信感は、かなり強まっているようです。

それでもチャップアップはいちばん人気なので、無難にチャップアップにしようかな?と思うかもしれませんが、実際使った私は、イクオスの方がはっきり効果があったと断言できます。

今回、成分数や配合量も比較したことで、チャップアップよりイクオスの方が優れていることが明確になり、効果に対する裏付けができた感じですね。

まとめ

今回は、育毛剤のライバルと言われているチャップアップとイクオスをさまざまな角度から比較して見ました。

ここでのポイントは、次の通りです。

ポイントまとめ
  • 育毛剤はチャップアップの方が成分数は多い
  • イクオスには、有効成分M-034の改良版「Algas-2」が配合されている
  • チャップアップはM-034のまま
  • 育毛サプリはイクオスの方が成分数も多く、配合量も表示されている
  • チャップアップサプリは成分数が少ない上に、配合量も非公開
  • 購入方法は、どちらも定期コースのセットがお得
  • 定期コースはイクオスの方がリーズナブル

実際使ってみた結果からも、私の評価はイクオスの方が上です。

知名度ではチャップアップに劣るイクオスですが、中身は優秀な育毛剤です。

育毛剤の購入を考えている人は、ぜひ一度、イクオスを検討してみることをおすすめします。